援助交際の負の連鎖はあなたが食い止めるしか無い

親子の「負の連鎖」という関係をご存じでしょうか。
一般的に収入が低い家庭に生まれた子供は、その後もずっと収入が低いと言われています。
様々な理由はありますが、収入が低い家庭の場合満足な教育が受けられないと言うことが挙げられます。
もっとも負の連鎖は学業や収入に限らず、生き方にも影響が及ぶことがあります。

どうして私の子供が援助交際を

子供を授かってから向かし行った援助交際という過去を後悔する女性は多くいらっしゃいます。
あの時あのようなことをしなければよかった、子供がそのことを知ったらどう思うのだろうと思い悩み子供の前でも自分の夫に出さえいえないという方もいらっしゃるのです。
そんなある日、子供が年頃になり自分の中でも援助交際をしていたという過去に折り合いをつけた頃になって自分の子供が援助交際をしていると言うことを知ったらどう思うでしょう。

まさに負の連鎖

これはまさしく援助交際が母から子供へ伝わってしまう、負の連鎖といえるでしょう。
実際の所原因はよくわかりませんが、親子というのは不思議なもので考え方ややることもにてくるのです。
子供にとってみたら親は人生の最大の教育者ですから、その人から教わる思考パターンを基に様々な物事を考えます。
そう、援助交際をしてしまう女性の思考パターンはそうそう変えられません。
思考の方法を根底から変えるのはそれはそれは難しいものです。

教育する

何もあなたが援助交際をしていたということを言う必要などありません。
子供に対して援助交際がどれほどつらいことかとたとえを出しながら教育していけばよいのです。
思考パターンは変えられませんが、子供に知識を伝えることにより子供自身の思考パターンを作っていくことになるのです。

一番よいのはやらないこと

援助交際は負の連鎖の原因にもなりかねない行為です。
しかしこれはあなたがいま、思いとどまることによって止められます。
決して手を染めてよい行為では無いのです。

関連記事一覧:

Comments are closed.