若い頃に戻ってやり直したい!えんじょ交際はそれほど記憶の残る行為なのだ!

「子はかすがい」という言葉をご存じでしょうか。
たとえ仲が悪い夫婦であったとしても、かわいい子供がいればその子供に対する愛情だけでつながっていられると言うことです。
子供は不思議な力を持っているもので、過去の自分の体験を思い起こさせることがあります。

この子だけにはさせたくない

女性が初めて妊娠し、子供を授かったときに思うことと言いますと様々あります。
例えばこの子にはいい学校に行ってもらいたいとか、何か思い出になるようなことをたくさんさせてあげたいなどなど思いはつきないものです。
しかし、妊娠した自分が向かし経験したことの中で絶対に経験させたくないと言うこともあります。
特に多いのが「援助交際」です。

気軽にできるからこそ

今では携帯電話やパソコンからえんじょ交際につかう掲示板がたくさん整備されていることから、誰でも簡単に男性と出会うことができなおかつそれなりのお金を手に入れることができます。
若いときにはお金は無いけれど体を誰かに買ってもらうことに関してそれほど抵抗がないと言うことが多いため、援助交際に手を染めてしまうと言うことが多いのです。
犯罪と言うことをわかっていながら、手を染めてしまうのです。

妊娠するリスクもある

当然、援助交際では性行為を伴います。
多くの男性は相手に妊娠されてしまっては困りますから避妊具をつけて行為に及びますが、いくら避妊具をつけたからと言って絶対に妊娠しないかと言ったらそうではありません。
避妊具の不備、付け方に誤りがあったときには妊娠する可能性が非常に高くなるのです。
つまり、援助交際の相手といういったいどこの誰かよくわからない人の子供を授かってしまった結果妊娠中絶という過酷な現実に打ちのめされることもあるということです。
こちらの援交サイトと呼ばれる掲示板やSNSで援助交際は本当にできるのか?というサイトでも同じようなことが書かれていました。

果たしてお金だけで子供に援助交際を勧められるか

さて、授かった子供が女の子でその子が将来お金に困っていたら親として援助交際を勧められるでしょうか。
また、子供が生まれてくる産道にはあまたの汚らわしい男性器が挿入されてきた事実を子供が知ったらどう思うことでしょう。
少なくとも親としてそれだけは子供に知られたくはないし、勧めたくも無いと思うでしょう。
今は親で無くとも、ちょっとだけ想像してみてください。
自分のおなかにかわいいかわいい子供がいるのに、彼女が生まれてくるときには汚れた産道を通り抜け目の前にはお金目的で体を売った母親がいるのです。
そう、援助交際はずっと記憶に残り続ける悲しいことなのです。